大塚酒造 - 酒蔵案内

酒蔵案内ご案内

■大塚酒造株式会社 プロフィール

大塚酒造
所在地: 〒384-0031 長野県小諸市大手2−1−24 Tel/FAX:0267-22-0002
創業:江戸末期 代表者:大塚孝子
最寄駅:JR小海線・しなの鉄道小諸駅下車徒歩5分
営業時間:8:30〜17:00 日曜祝日休業

 大塚酒造株式会社は、千曲川の清流を眼下に望み、白煙たなびく浅間山をあおぐ、歴史と文化の都市小諸で、江戸時代から清酒浅間嶽を醸し続けてきました。
 清酒浅間嶽は、1〜2月の平均気温が零下という酒造りに最適な環境のもと、長野県産の好適米と、浅間山の伏流水を使用して、越後杜氏入魂の技術で醸されています。
 明治時代、小諸義塾の教師だった島崎藤村が、「千曲川旅情のうた」で「にごりざけ にごれるのみて 草枕しばしなぐさむ」とうたった酒を醸し、島崎藤村、若山牧水、児玉希望等の文人の逸話を残す酒蔵でもあります。
 過去に、清酒浅間嶽は、全国の清酒鑑評会、春と秋の国税局でそれぞれ金賞を、長野県の清酒品評会では知事賞を、新潟出身の杜氏による新潟県での清酒品評会では、酒造組合賞をと、合計5つの賞をいただいた年がありました。
 これからも、清酒が地域に根差した味の文化としての自覚を持ちつつ、よりよい品質の清酒を醸造するよう精進してまいります。

■アクセス

大塚酒造マップ